最近、スタッフからのご報告がメインになっていますが・・・。


by tokuratakako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

工業用水の安定供給について(9月定例会代表質問)

 3つ目の代表質問の内容です。

3、やまぐち産業戦略推進計画について

 3点目に、「やまぐち産業戦略推進計画」について3点お尋ねいたします。
 6月に発表された中間案に、6月議会での議論や政府要望への国の対応等を追加され、最終版としてまとめられたスタートアッププランが7月末に発表されました。この計画は、経済環境や企業・県民のニーズの変化、国の新たな政策等に的確かつ柔軟に対応する「進化する計画」であるということですから、私たち議員も、まず、県民の皆様にこの計画の内容を知っていただき、いろんなご意見やお声を産業戦略本部に届ける責任があると考えています。

(1)工業用水の安定供給について

 先日、さっそく、「瀬戸内産業再生戦略」のプロジェクトの一つに位置づけられている「工業用水の安定供給」についての明るいニュースがありました。
 慢性的な水不足が課題である周南地区の工業用水の新たな水源として、光市が渇水時の予備水源として確保している中山川ダムの上水道の水利権を工業用水に転用し周南地区の企業が使えるようにする というものでした。
 新たに日量14,100トンの水が確保できる見通しで、平成32年4月給水開始を目標に約35億円の事業費で送水管の整備等を行うとのことです。今回の取り組みは、上水道水利権の工業用水転用であり、それぞれを所管する厚生労働省と経済産業省の省庁の枠組を超えた取り組みであるとともに水系を超えた地域の協力により実現するもので、極めて異例と報じられておりますが、地域や省庁の枠組みを超えて困難な課題を克服された今回のような取り組みこそ、「産業戦略本部」の本領発揮と申しますか、庁内横断的な組織として期待されるものだと思いますので、今後も期待したいところです。
 山口県の工業用水は、給水能力、契約水量ともに全国1の規模であるとお聞きしていますが、このたびの取り組みに止まらず、さらなる安定供給のための努力が必要だと思います。知事はどのように取り組まれるおつもりですか、お尋ねします。
[PR]
by tokuratakako | 2013-09-30 15:38 | とくらたかこです。