最近、スタッフからのご報告がメインになっていますが・・・。


by tokuratakako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 “周南市の土地を周南市が買う”ことについて、どうしても納得いかないのですが、結局、ぐずぐずしていて、何も行動をおこさなかったことをずっと後悔しています。もう、基本設計が進行中らしいのですが、来年の3月議会で建築費の予算が通過してしまえば、仮に 市長さんが変わったとしても、止めるのは難しいのではないでしょうか?(市長が変われば、何もかも止めてくれると言われる方も多いのですが、予算が通過していると、どうなんでしょうか?)
 同じような思いの方々が、熊毛で行動をおこしておられたので、私たちも合流して、徳山地区での意見交換会を受け持とうと思います。多くの周南市民の皆様に、この計画を知っていただいて、このまま進めてしまっても良い計画かどうか考えてもらいたいと思います。まだ間に合います。

  学校給食センター建設計画について
     意見交換会を開催します。→PDFファイル

 周南市がもっとも重要な施策として位置づけている青少年の健全育成に大きく係わる「学校給食」ですが、現在、周南市が進めている大規模給食センターの建設計画については、市民の間で、不安や疑問の声を多く聞きます。
 周南市の将来を担う子供たちを大切に考えた計画となっているのか、全国でも数少ない規模である13,000食の大型給食センターで本当にいいのか、今一度、学校給食のあり方について、考えませんか?下記のとおり、意見交換会を開催しますので、ぜひ、ご参加ください。
        記
   日 時:平成18年10月29日(日)
             午後6時~午後8時まで
   場 所:周南市市民交流センター(徳山駅ビル3F)
   内 容:現在までの経過や計画詳細、市議会での決定事項等
        の説明を受けたあと、参加者で意見交換
   主 催:周南ねっと
         ※ 熊毛地区でも開催されます。   
            11月12日(日)午後2時より 
            サンウィング熊毛にて      
            主催は「住民自治を考える会」さんです。


 これは、周南ねっと主催なのですが、今の私の立場では、政党色がついていると言われても仕方ありません。この点で多くの批判をいただくかもしれないし、これまで参加してくれていた方々も参加しにくくなるのかな、と心配しています。それでなくても、周南市にたてつく集会なのに、さらに参加者が少なくなる状況で、どのくらい人が集まってくれるのか・・・。(泣)
 日刊周南新と朝日新聞が取り上げてくれたので、感謝!朝日新聞の記者さんは、あれだけ長々と話したのに、きちんと分かりやすくまとめてくださっていて、びっくりです。

 今日の朝日新聞↓

e0067429_17243884.jpg


とくらBlogより転載(12月19日)
[PR]
by tokuratakako | 2006-10-28 15:45
 以下、連合山口さんのHPより転載させていただきます。

■第21回参議院議員選挙予定候補 戸倉多香子氏の推薦決定!
  ~統一地方選県議9名も決定~c0104626_14263635.jpg

←長嶺会長と戸倉予定候補 



c0104626_1427950.jpg


←推薦決定の御礼挨拶


 連合山口は、10月20日開催の第5回執行委員会において、来年7月に実施される第21回参議院議員選挙に出馬予定の周南市出身で民主党公認 戸倉多香子(47歳)氏の推薦を決定した。
 また、来年4月実施の第16回統一地方選挙の県議会議員予定候補9名の推薦も決定した。
 <山口県議会議員予定候補者(順不同)>
候補名 年齢 選挙区 所属 回数
今倉一勝 30 周南市 民主党 新
木村やすお 58 防府市 自動車総連 1
秋野哲範 46 光市 無所属 元
浅本輝明 56 下松市 民主党 新
西嶋裕作 55 山口市 民主党 自治労 2
加藤寿彦 59 下関市 民主党 情報労連 5
井原健太郎 32 柳井市 民主党推薦 新
佐々木あけみ 60 宇部市 社民党 5
久保田后子 51 宇部市 無所属 2
[PR]
by tokuratakako | 2006-10-20 23:25 | とくらたかこです。
 北朝鮮の核実験、ゼッタイに許せないことですが、昨日のお昼、それを伝えるテレビのニュースをみていると、国民の反応についての報道の仕方が、とっても気になりました。人類猫化計画さんも
NHKが昨日のお昼の時点でまず真っ先に、街の人々の声という形で北朝鮮非難の声を流し、今朝は民放が更に一層それを煽り立てていた。
と書かれていて、気持ち悪さを感じたのは私だけではないらしい。

 夜の朝日ニュースターには、寺島実郎さんが出演されていて、この機会に、日本は、米軍再編についても見直しすべきでは?というようなお話や、日本が世界平和と核不拡散のためにできることは何か、というようなお話をされていました。イラクへアメリカが先制攻撃する前、寺島実郎さんや酒井啓子さんが毎日のようにテレビに出演されて、日本には日本独自の果たすべき役割がある、と言われていたのを思い出しました。 

 朝日ニュースターのサイトをのぞいていたら、辻広雅文の「プリズム」 №8というコラムがあり、藤原帰一さんと田中秀征さんとの対談(「SIGHT」2006SUMMER)を紹介したあとに、
 北朝鮮が核実験を強行した後でも、有効な指摘だと思う。日中が欧州連合におけるドイツとフランスの役目を果たす必要性、そういう立ち居振る舞いで東アジアの再構築を行っていれば北朝鮮の破滅的な行動を阻止できたのではないか、その自省が必要なのではないか。
 日本に戦時的感情が高まるのを憂慮する。
と書かれていました。外交を選挙のためのパフォーマンスとして利用した小泉内閣の5年半で、失ったものは、ものすごく大きいのではないかと思います。冷静に考えると、安倍新首相と中国や韓国の首相との会談が、ものすごい外交努力の成果となること自体がおかしいと思います。

とくらBlogより転載(12月19日)
[PR]
by tokuratakako | 2006-10-10 22:23 | とくらBlog