最近、スタッフからのご報告がメインになっていますが・・・。


by tokuratakako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 とうとうというか、いよいよ明日、第21回参議院議員選挙の告示日を迎えます。ということは、僕が2ヵ月半担当してきた活動報告もきょうをもって、しばらくの間休止です。これまで読んで下さった方、ありがとうございました。いろいろ書きたいことはありますが、時間も残りわずかなので一言だけ。

 『とくらたかこは絶対やってくれます!』

そんな女性です。
[PR]
by tokuratakako | 2007-07-11 23:42 | 活動報告(ちょうさ担当)
戸倉多香子です。

平成の大合併をきっかけとして、自分たちの暮らすまちに対する思い、愛着 愛情をあらためて再認識された方々がたくさんいらっしゃると思います。
私もそのひとりです。
合併を選んだ地域も選ばなかった地域も、それぞれ厳しい財政状況の中、住民と自治体がいっしょになって、工夫しながら まちづくりに取り組んでいます。

地方に暮らす私たちは、こうやって一生懸命、がんばっているのに、国の状況はどうでしょうか?

あいかわらず、政治とお金の問題、官製談合、天下り・・・。
私たちの大切な税金が無駄に使われています。

岩国の艦載機移転問題でも、国の言うことを聞く自治体にはお金を出すけれども、言うことを聞かない自治体にはお金を出さない。こういった、札束で人のほっぺたをひっぱたくような、今の政治のやり方、こんな強権政治が続いていいのでしょうか、ぜひ皆様に考えていただきたいと思います。

この札束、だれのお金かといいますと、私たちの税金です。
私たちの税金を、住民を自由に、権力者側が操るために使っていいのでしょうか?

また、多くの方々が心配されている、消えた年金記録の問題から、歴代の社会保険庁長官が天下りをくり返し、報酬や退職金を受け取っていたということが明らかになってきました。けれども、このような問題は社会保険庁だけのことではなく、他の省庁においても続いてきたことです。私たちのたいせつな税金、こうやって、どこかに消えています。

6月から住民税があがり、びっくりされた方も多いと思います。定率減税の廃止、年金控除の縮小などにより、私たち国民には、わかりにくいカタチで、実質 大増税が進んでまいりました。

年金や介護、医療の保険料も上がり、家計への負担は急増しています。

改革をとめるな!というかけ声で進められている今の政治、その改革とは、いったい、誰のための改革だったのでしょうか?
一部の強い人たちだけが得をする改革だったのではないかと私は思っています。
私たち国民には痛みだけが押しつけられたように思えてなりません。

強いものをさらに強くし、弱者切り捨て、地方切り捨ての、冷たい政治。
これをこのまま継承していく、こんなことは許してはならないと私は考えます。
必要なセイフティーネット、国民生活の安全安心を再構築しなければなりません。 年金、医療、福祉、雇用、さまざまな分野でこわされてしまった日本型のセイフティーネットをあらためて構築するために 私 とくらたかこは、行動してまいります。

民主党はチルドレンファースト、子供第一の考え方を政策の大きな柱の一つにかかげています。
子育てを、国を挙げて、地域を挙げて、応援していくために、一人当たり2万6千円を 毎月、中学校を卒業するまで、支給する 子供手当て政策 を、ぜひ、実現したいと思います。
私も子供が3人おりますが、3人ですと、月に7万8千円が支給されることになるわけです。もっと早く、こういった政策があれば、助かったと思います。

その他にも農業政策、中小企業のための政策、また年金制度の改革をぜひ実現したいと思いますが、危機感からか、ばらまき政策であると政権与党の方々から、ご批判いただくことがあります。
しかし、本来、税金は、私たち国民のために使われるべきものであり、今の税金のムダづかいを見直すことにより、これらの政策は実現可能です。

格差がひろがり、格差が固定化し、希望のもてない社会をこどもたちの世代に、ひきつぎたくありません。誰もが同じスタートラインにたてる社会、そしてなにより、公正な社会をとりもどさなくてはなりません。

今回の参議院選挙、この国のあり方を決定づける、大変重要な選挙になります。
国民の皆様の意志が、今の政治を、このまま継承していくことを許す、そのようなことになれば、大変なことになります。

ここで食い止めなければ、この日本は、本当に良かった日本の姿は、まったく失われてしまうという危機感で、私、とくらたかこは今回の参議院選挙に手をあげることを決意いたしました。

私たちの暮らしに直結している政治。この政治を、私たち国民の手に取り戻すための、たたかいに、ぜひ、みなさまも、私、とくらたかことともに、参加してください。

7月29日が投票日です。ぜひ投票所に足を運んでいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by tokuratakako | 2007-07-11 22:21 | とくらたかこです。
 忙しくて先ほど気付いたのですが、きょうは七夕。あいにくの曇り空ですが、我々の願いは雲を突き抜け、天の川で再会した織姫と牽牛に届いてくれることでしょう! ちょっとロマンティックな気分。

 さて、とくらたかこが七夕だと気付いていたかどうかはわかりませんが、きょうもいつものように元気いっぱい、朝からトップギアで走り回っていました。岩国市に入ったとくらは、地元の平岡秀夫衆議院議員の国政報告会に出席。計3会場に顔を出させていただき、比例区の民主党公認候補・藤谷光信氏とともに党の政策などを訴えました。
c0104626_14131714.jpg
                           とくらたかこ
c0104626_1413335.jpg
                             平岡秀夫
c0104626_14154523.jpg
                            藤谷光信

 また、報告会の合間には平岡議員がわれらの街宣車に同乗してくださり、岩国市内を一緒に街宣。さすが、平岡議員の地元。たくさんの人たちがエールを送ってくださいました。道案内もしていただき、平岡議員、本当にありがとうございました。
c0104626_23173649.jpg

[PR]
by tokuratakako | 2007-07-07 22:32 | 活動報告(ちょうさ担当)
 きょう1日、激しい雨が降りましたね。ここ数日のまとまった雨で、水不足もかなり解消されたのではないでしょうか? ただ、あまり集中的に降りすぎると、水害の心配がでてきます。
 さて、とくらたかこの事務所には選挙関連の品々が次々と届いており、本当に“いよいよ”という雰囲気になってきました。ボランティアスタッフの方々も日増しに忙しくなっています。
c0104626_10182753.jpg
 とくら本人はといえば、相変わらずタフに動き回っています。きょうは県政記者クラブの共同記者会見に出席。テーマが「とくらたかこの横顔に迫る」ということだったので、記者からの質問は、出馬に至った経緯やここ最近の状況、有権者の反応、各政策についての考えのほか、家庭のこと、服装のこと、性格のこと等々、多岐に渡りました。会見に同席した民主党山口の西嶋幹事長は少しヒヤヒヤされていたかもしれませんが、とくらは自分の考えをズバリ率直に、ちょっとユーモアも交えながら返答。会場が笑いに包まれる場面が多々ありました。
 後でとくらに聞くと「少し緊張した」とのこと。「どこがやねん!」とつっこみが入れたくなりました。
[PR]
by tokuratakako | 2007-07-06 21:01 | 活動報告(ちょうさ担当)
 薫のハムニダ日記さんよりTBいただいた終わらない歌を歌おう♪の写真に、 V フォー・ヴェンデッタの仮面を発見しました。以前、テレビのニュースで韓国のデモの様子を見たときも、仮面をかぶった人たちの映像があり、Vの仮面?と思っていたので、ハッキリと確認できて、うれしいと同時に、なんだか感動。
 さらに、映画を見たときに心にズシリと響いた、「罪ある者を探すなら,鏡を見よ」のフレーズが、またまた、重くのしかかってくるかんじもして、少し苦しくなります。

 毎日の生活に追い立てられて、ニュースもあまりチェックできていないけれど、やはり、今の韓国の状況は、日本ではあまり取り上げられていない気がします。洞爺湖サミットの厳重警備のニュースばかり目立ちます。喜八さんは、
それにしても、隣国の大民主化運動をほとんど報じない、あるいは事実を歪めて報道(謀略工作)する日本のマスメディアについては、何と形容したらいいものか?
こういうことはあまり言いたくはないのですが・・・。

君たちは本当に「報道者」なのでしょうか?
もしかしたら(しなくても)「権力者サマの広報員」ですか?
と書かれていますが、私も、まるでV フォー・ヴェンデッタに出てくるマスメディアみたいと思ってしまいました。

 
山口県の方々にも読んでもらいたくて、

山口ブログに参加しています。でも、更新をさぼっていたので、ランキング下降中。上位に復活できますよう、ご協力を!

 

とくらBlogより転載。
[PR]
by tokuratakako | 2007-07-06 10:10 | とくらBlog

ミニ集会 in 岩国

 きょうは岩国で、住民の方々が主催してくれたいくつかのミニ集会に参加しました。米軍基地のある岩国は、空母艦載機移転問題にからみ財政面で国から圧力をかけられている地域。住民の方々も民意(住民投票の結果)を無視した国の一連の対応に強い怒りを感じており、どの会場でもこの問題についての質問が集中。とくらは「岩国市民を二分し、札束で住民のほっぺたをひっぱたくような国のやり方を絶対に許すことはできない」とし、「岩国市民には国に屈することなく、住民の意向を無視するとどうなるかということを、今度の参議院選挙で政権与党に示してほしい」と訴えました。このほかにも、税金の使い方、政権交代の必要性など、様々な問題について意見交換できました。
c0104626_2156586.jpg
c0104626_21561445.jpg

c0104626_21582193.jpg
 
 
[PR]
by tokuratakako | 2007-07-05 21:58 | 活動報告(ちょうさ担当)
 暑い! イヤ~暑い。梅雨も一休み、太陽が顔をのぞかせたきょうは暑かった。最高気温は30度いくかいかないか位だったのですが、何かが木陰から聞こえてくる。「ミーン、ミーン」と。そうセミの鳴き声。今年初聞きだったのですが、これを聞くと夏本番!という感じて、暑さも増幅されます。
c0104626_2041368.jpg さて、そんな暑い中、きょうもとくらたかこは街頭に立っていました。場所は宇部市と山陽小野田市。いつものように、衆議院山口3区の民主党予定候補・三浦のぼるさんに同行していただき、スーパーや住宅地、交差点など、様々な場所からの訴え。三浦さんは「政府与党への失望感は広がり、7月29日投票の参議院選挙、山口県でもあと一歩というところまで来ている」と民主党・とくらへさらなる支援を呼びかけ、とくらも「消えた年金記録の問題、6月からの住民税アップ、地方の疲弊、すべて政治に関係している。政権交代を実現することで、国民不在の今の政治を変えることが出来る」と主張していました。
 気温だけでなく、とくらたかこの弁もアツくなっています。
c0104626_16473149.jpg

PS 昼食は、このブログを読んでいた三浦さんの計らいでまたちどりでとらせてもらいました。きょうは3人とも「鳥のから揚げ定食」(1人前750円)。ウ、ウマイ!!
[PR]
by tokuratakako | 2007-07-03 20:18 | 活動報告(ちょうさ担当)
 僕は同行できなかったのですが、きょう下関市で民主党の参議院選挙対策事務所の事務所開きが行われました。とくらたかこのほか、平岡秀夫衆議員、連合山口の長嶺平治会長らが出席し、「県西部でもとくらたかこの名前を浸透させよう」とあいさつされたそうです。民主党として参議院選で下関市に事務所を開いたのは今回が初めてのこと。力入ってます!! 県内の他市に比べて、街の人たちの反応も悪くないというか、かなり良い方で、これからさらにおもしろくなっていきそうです。
 下関市またはその周辺にお住まいの方々、ぜひ事務所に寄ってください。場所は国道2号線沿い、唐戸市場の目の前です。お待ちしています。
 詳細はココ
c0104626_10184198.jpg

[PR]
by tokuratakako | 2007-07-01 20:18 | 活動報告(ちょうさ担当)