最近、スタッフからのご報告がメインになっていますが・・・。


by tokuratakako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 おはようございます。とくらたかこです。23日にあった赤松常子さんの50回忌法要については、詳しく帖佐(ちょうさ)さんが報告してくれましたが、今朝、Facebook に、UAゼンセン会長の逢見直人さんがご挨拶された内容を書きましたので、そのまま、こちらにも転載しておきます。

   (以下、転載。)

 23日、赤松常子さんの50回忌法要が、生家の徳応寺でありました。赤松常子さんは、大正から昭和の激動の時代に「雑草のようにたくましく婦人問題、労働問題に立ち向かわれた」元参議院議員で、労働基準法の制定や売春防止法の制定に尽力された方です。

 50回忌法要では、赤松常子顕彰会理事長で、UAゼンセン会長の逢見直人さんがご挨拶され、赤松常子さんが亡くなった時に、白蓮さんがよまれた歌を紹介されていました。朝の連続ドラマ「花子とアン」の、あの白蓮さんです。どんな歌だったのか、正確に思い出せないので、ネット上で拾えないかと検察してみたら、中島岳志(@nakajima1975 )さんのTwitterに、興味深い内容が書かれていました。https://twitter.com/nakajima1975/status/491437753372909568

 え~~、赤松克麿さんまで、「花子とアン」に出演していたなんて!

 さらに、山口県人権センターのサイトhttp://y-keihatsu.jp/wpmu/nunohiki/2011/06/29/第1話 赤松照憧(前編) セツルメント活動を/ には、
「当時、克麿は東京大学で学んでいたが、彼が徴兵検査のため帰郷すると尾行の刑事もついてきた。赤松照幢は自身の「日記」に、部落青年や克麿とともに「警官某」も座敷にあげてともに食事をしたことなどが記されている。」
とあり、朝の連続ドラマの様子とリンクするようなことが書かれていました。

 赤松常子さんやそのお父様の赤松照幢さんのご功績をもっとご紹介したいのですが、朝の連続ドラマを見てから書いたので、ちょっと脱線してしまいました。(以上、Facebook

c0104626_9374858.jpg
c0104626_938849.jpg

c0104626_103288.jpg

[PR]
by tokuratakako | 2014-07-26 09:38 | とくらたかこです。
c0104626_1261022.jpg
大正から昭和の激動期、労働運動、女性の地位向上、平和運動に身を捧げた元参議院議員・赤松常子さんの50回忌法要が出生地の徳応寺で開かれました。


c0104626_1263062.jpg
赤松常子さん(1897-1965)は、周南市川端町の徳応寺の生まれです。女子専門学校在学中に労働運動に携わり、その後野田醤油や東京モスリンなどの大争議で指導的役割を果たします。女性参政権運動も尽力し、戦後すぐ全繊同盟(UAゼンセン)の結成に努力され、1947年の第1回参議院議員選挙に全国区から出馬して初当選。以来、3期18年参議院議員を務められました。詳しくは、UAゼンセンHPの赤松賞に詳しく書かれています。


c0104626_127551.jpg
50回忌法要には、労働者のため、女性のために闘ってきた常子さんの功績、人柄を偲び、たくさんの方々が参列されていました。


c0104626_1272537.jpg
徳応寺の門徒でもある戸倉は、今よりさらに困難だった時代に弱い立場の方々のために尽力してこられた先達に畏敬の念を抱き、手を合わせていました。


c0104626_1291737.jpg
赤松常子顕彰会理事長で、UAゼンセン会長の逢見直人氏。

c0104626_1293635.jpg
民主党山口代表の平岡秀夫氏。

c0104626_12103416.jpg
遺族代表であいさつされた徳応寺住職の赤松泰城さん。いつもながら、おもしろいお話を披露されていました。
[PR]
by tokuratakako | 2014-07-24 12:31 | 活動報告(ちょうさ担当)
 第2回里山達人塾『林業復活の足音は聞こえるか』に参加しました。
c0104626_438637.jpg

 21日~22日と、東京で、民主党女性議員ネットワークの総会があり、終わってすぐに新幹線に飛び乗りましたが、講師の松永茂樹さん(山口県森林企画課)のお話が半分くらいしか聞けなくて、ものすごく残念です。でも、そのあとの山田隆信さん(山口県周南農林事務所)のお話も含めて、里山をめぐる新しい動きについて、大変貴重なお話が聞けました。
 繁茂して困る竹を地域の資源として活かすための取り組みも、周南市と美祢市で始まるそうです。大変興味深いお話でした。
 また、質疑応答の時間もありましたが、ものすごく熱心な方々が次々と専門的な質問をされ、びっくりしました。
 私も質問してみたいことがありましたが、途中から参加なので、躊躇してしまい、会が終わってから、直接お尋ねしてみました。たまたま、竹の活用による事業を具体化したい方からご相談を受けていたので、そのことについても少し質問できましたが、また、後日、もっと詳しくお尋ねしてみたいと思います。
c0104626_4414686.jpg

[PR]
by tokuratakako | 2014-07-22 23:29 | とくらたかこです。
c0104626_1101488.jpg

民主党の桜井充政策調査会長が来山され、下松市内で講演を行われました。

演題は、医師でもある桜井政調会長らしく「日本再生の処方箋」。民主党が下野して以降、あまり民主党の経済政策を耳にする機会がなかったので、どのような話が聞けるのか楽しみにしておられる方がたくさん集まっていらっしゃいました。

c0104626_11351761.jpg
内容はかなり濃いもので、桜井政調会長は猛スピードで1時間半、なぜアベノミクスではダメなのか、日本の現状は世界に比べどうなのか、晩婚少子化・就労形態の不安定化が招く日本経済への打撃、社会保障費負担割合等々、盛りだくさんの内容で解説されました。

時間の制約があり、一つひとつのテーマを掘り下げることはできませんでしたが、民主党の骨子として、働き盛りの中間層を支援、持続可能な地域経済の再生など、勉強になる講演でした。
[PR]
by tokuratakako | 2014-07-07 11:34 | 活動報告(ちょうさ担当)
c0104626_10518100.jpg

民主党山口第2区総支部(平岡秀夫総支部長)主催の「集団的自衛権について語ろう」と題したタウンミーティングが下松市内で開かれました。

集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈の変更が7月1日に閣議決定されたばかり。しかし、急な展開でよくわからないという方も多くいるため、平岡総支部長はレジメを使い、集団的・個別的自衛権の違いや歴代内閣の集団的自衛権に対する見解、憲法9条と自衛権(自衛隊)の整合性、日米安保の中身などを説明されました。

c0104626_1053314.jpg
参加者からは「時の内閣で解釈が変わっていくのが怖い」「安倍総理が国会で示した事例は全て個別的自衛権で対応できるのに、国民の不安を煽っている」など集団的自衛権に否定的な意見が出る一方、「尖閣諸島、竹島の問題を考えるとやむをえない」「集団的自衛権が抑止力につながる」など肯定的な意見も聞かれました。

最後に参加者にとったアンケートでも賛成・反対に分かれましたが、ほとんどの方が「憲法解釈の変更ではなく、やるなら憲法改正を行うべき」で一致していました。

平岡総支部長は「同盟国のため必要最低限の武力行使をしても、行使された敵国は日本が先制攻撃をしたと受け止める。戦争は入るのはたやすいが、抜けるのは非常に難しいことは歴史が示している」と付け加えておられました。
[PR]
by tokuratakako | 2014-07-07 10:56 | 活動報告(ちょうさ担当)
c0104626_114459.jpg

民主党山口県連代表で、民主党山口県第2区総支部長を務めておられる前衆議院議員の平岡秀夫氏が、200回目の朝の辻立ちを下松駅前で行うということで、応援に行ってきました。


c0104626_115839.jpg
平岡氏は昨年の参議院山口補欠選挙以降、主に岩国・柳井・光・下松を中心に、朝の辻立ちを継続して行っておられます。

200回目の今回は大雨洪水警報が発令されるまさにどしゃ降りの中でしたが、平岡氏は支援者の方々と街頭に立ち、出勤途中の方々にあいさつをされていました。

応援に入った戸倉も、県議会出席前のわずかな時間でしたが、平岡氏の後援会報を手に、通勤者やロータリーに留まっているタクシーの運転手の方々にご支援を訴えていました。

本当に、滝のような雨が降る中でしたが、たくさんの方々が快く後援会報を受け取ってくださいました。
[PR]
by tokuratakako | 2014-07-04 11:18 | 活動報告(ちょうさ担当)
c0104626_11363010.jpg
連合山口周南地区会議で、戸倉の県政報告会を開いていただきました。


c0104626_13574579.jpg
c0104626_13581148.jpg
参加いただいた30人近い組合員の方々に、現在行われている6月議会のポイントや、県議就任からの成果、さらに今後取り組んでいきたい課題等を説明させていただきました。
[PR]
by tokuratakako | 2014-07-02 12:39 | 活動報告(ちょうさ担当)