10月18日 UIゼンセン同盟山口県支部定期総会

c0104626_10522957.jpg

UIゼンセン同盟山口県支部の第10回定期総会が周南市内のホテルで開かれました。
UIゼンセン同盟(正式名=全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)は、繊維や物流、化学、サービス・食品、福祉・医療など、様々な業種の組合が集まり、組織された日本最大規模の産業別労働組合です。山口県支部さんには、戸倉が出馬した07年の参議院選前から、大変お世話になっています。
総会では、東日本大震災の犠牲者への黙祷、来賓の方々のご紹介・ご挨拶のほか、今総会をもって5年間務めてこられた支部長職を退かれる鈴木博文支部長のご挨拶が行われました。
c0104626_10531914.jpg

総会終了後の懇親会では、戸倉も挨拶をさせていただきました。戸倉が政治活動を始めた5年前と鈴木支部長さんの任期が重なり、暖かくご指導いただいたこと、4年前の参院選落選直後、落ち込んでいたら、ビアガーデンの集まりに誘っていただき、「辛いけど、こういう時こそ、どんどん人前に出ていきなさい」と励ましていただいたのもUIゼンセン同盟の方々であり、そのおかげで、今日まで活動を続けてこれたこと、また、先日開催した夏草フォーラムに参加いただいた徳応寺ご住職(赤松泰城さん、戸倉は檀家)が、UIゼンセンさんご出身の赤松常子さん(元参議院議員)のご実家であることなどのエピソードを紹介しながら、いろんなご縁で支えられていることに、深い感謝の言葉を述べておりました。

c0104626_1054815.jpg

c0104626_10544375.jpg

c0104626_11161977.jpg
鈴木支部長、本当にお疲れ様でした。


(参考資料)http://kotobank.jp/word/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%B8%B8%E5%AD%90より

赤松常子 あかまつ-つねこ

1897-1965 大正-昭和時代の労働運動家,政治家。
明治30年8月11日生まれ。赤松智城(ちじょう),赤松克麿(かつまろ)の妹。京都女子専門学校(現京都女子大)を中退後,大正14年日本労働総同盟にはいり,婦人部長となり,繊維産業などの争議を指導。戦後社会党婦人部長。昭和22年参議院議員(当選3回)。のち民社党結成に参加。昭和40年7月21日死去。67歳。山口県出身。
[PR]

by tokuratakako | 2011-10-19 11:19 | 活動報告(ちょうさ担当)