NEW POST

7月5日 集団的自衛権について語ろう(下松)

c0104626_10518100.jpg

民主党山口第2区総支部(平岡秀夫総支部長)主催の「集団的自衛権について語ろう」と題したタウンミーティングが下松市内で開かれました。

集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈の変更が7月1日に閣議決定されたばかり。しかし、急な展開でよくわからないという方も多くいるため、平岡総支部長はレジメを使い、集団的・個別的自衛権の違いや歴代内閣の集団的自衛権に対する見解、憲法9条と自衛権(自衛隊)の整合性、日米安保の中身などを説明されました。

c0104626_1053314.jpg
参加者からは「時の内閣で解釈が変わっていくのが怖い」「安倍総理が国会で示した事例は全て個別的自衛権で対応できるのに、国民の不安を煽っている」など集団的自衛権に否定的な意見が出る一方、「尖閣諸島、竹島の問題を考えるとやむをえない」「集団的自衛権が抑止力につながる」など肯定的な意見も聞かれました。

最後に参加者にとったアンケートでも賛成・反対に分かれましたが、ほとんどの方が「憲法解釈の変更ではなく、やるなら憲法改正を行うべき」で一致していました。

平岡総支部長は「同盟国のため必要最低限の武力行使をしても、行使された敵国は日本が先制攻撃をしたと受け止める。戦争は入るのはたやすいが、抜けるのは非常に難しいことは歴史が示している」と付け加えておられました。
[PR]
by tokuratakako | 2014-07-07 10:56 | 活動報告(ちょうさ担当)

山口県議会議員 戸倉多香子(ちょるるに頭を撫でられている)の活動報告です。2016年3月まで


by tokuratakako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30