徳山ポートビルの建替えについて

 こんにちは。戸倉多香子です。
 台風19号の影響で、避難されている方もあるようですが、周南市は少し風がおさまってきたような気がします。全国でも大きな被害が出ませんように。

 帖佐さんが既に報告してくれていますが、県議会最終日の10日、周南地域選出の県議9人で構成する周南地域振興協議会が、徳山のフェリー乗り場にある徳山ポートビルの建替えを、村岡知事に要望しました。
 徳山港は、新幹線駅からすぐの場所にあり、全国でも珍しいと言われています。9月6日に徳山駅の南北自由通路が開通し、駅ビルの建替え計画もあることから、ポートビルも建替えされるのなら、ぜひ、一体的なイメージで進めていただきたいと思っています。
 整備後は、回天訓練基地の残る大津島まで平和を祈る旅プランなんかもあればいいな、と思いますし、ユーミンの「埠頭を渡る風」気分を味わいに恋人とドライブにきてもらってもいいし。食事できる場所もできればいいな、なんて勝手に夢を膨らませてしまいます。
 
 いずれにしても、徳山駅周辺のあり方や周南市全体の方向性も含めて、しっかりと議論して進められるべきだと思います。中心市街地の活性化のために、まちづくり仲間と一生懸命議論していた頃、10年くらい前ですが、「6月議会にむけての「徳山駅周辺整備事業」に関する緊急アピール」を公表したのを思い出しました。読み返してみると、
この区域だけの内容を議論するのではなく、周南地域全体の計画の中でのこの構想の位置づけを検討できるような視点がほしい
と書いていました。ポートビルの建替えにも言えることですね。
[PR]

by tokuratakako | 2014-10-13 18:43 | とくらたかこです。