NEW POST

8月4日 水素ステーション山口周南 開所式



c0104626_12040485.jpg
4大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡)以外で初となる水素ステーション「イワタニ水素ステーション山口周南」の開所式が櫛ヶ浜の現地で開催されました。

c0104626_12123700.jpg
c0104626_12125263.jpg
c0104626_12130083.jpg
c0104626_12130637.jpg
c0104626_12470825.jpg
開所式には、岩谷産業の野村社長をはじめ、経産省の畑野中国経産局長、村岡県知事、木村市長らが出席するなど、同ステーションへの期待の高さが伺えます。

水素エネルギーに関しては、戸倉がこれまで何度も県議会等で取り上げている通り、周南は数多くの化学メーカーがあり水素生産量は全国トップクラス、二酸化炭素を出さない〝究極のエネルギー〟とも呼ばれており、その利活用が大きく注目されています。

c0104626_13064118.jpg
周南の水素ステーションは、燃料電池で動く自動車(FCV)に水素を充填する、ガソリンスタンドならぬ〝水素スタンド〟。敷地内には周南市地方卸売市場があるため、燃料電池(FC)のフォークリフトにも水素を供給できるようになっており、一般車輌とフォークリフト両方に充填できるのは、国内初だそうです。
c0104626_13181176.jpg
c0104626_13232670.jpg
開所式に引き続き、山口県と周南市の公用車として使用されるトヨタ待望のFCV「ミライ」の譲渡式が行われました。初めて実車を見ましたが、内外装ともトヨタらしい車です。

c0104626_13183482.jpg
村岡知事と木村市長がFCVに水素を充填されましたが、意外と難しくないようです。
c0104626_13260832.jpg
式典後、マスコミの方々と一緒に施設の説明を受ける戸倉。
c0104626_13225953.jpg
車輌価格は約700万円。国と自治体から約300万円の補助金がでるので、実質は約400万円。とりあえずミライの前で記念撮影をする戸倉。
c0104626_13285716.jpg
そしてミライを試乗する戸倉。満面の笑み。「一緒に乗ってみる?」とお誘いを受けましたが、一身上の都合で今回は辞退させていただきました。



[PR]
by tokuratakako | 2015-08-05 13:40

山口県議会議員 戸倉多香子(ちょるるに頭を撫でられている)の活動報告です。2016年3月まで


by tokuratakako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30