10月30日 日新周南関連労組定期大会

c0104626_19153224.jpg

日新製鋼と協力関係にある京瀧、みうら、大華工業、徳山興産、末武工業の労組で組織する日新周南関連労働組合連絡会の第40回定期大会が開かれました。
c0104626_1917839.jpg
連絡会の三宅議長。
c0104626_19181011.jpg
日新製鋼の新村委員長が来賓で登壇されました。
c0104626_19191194.jpg

戸倉もあいさつさせていただきました。
[PR]

# by tokuratakako | 2015-10-30 19:22 | 活動報告(ちょうさ担当)

10月30日 やまぐち総合ビジネスメッセ

c0104626_18544693.jpg

やまぐち総合ビジネスメッセが、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開幕しました。
c0104626_190833.jpg

県内企業の情報発信と企業間取引の活性化、物産観光の振興等を目的に、山口県や周南市、ジェトロなどで構成する実行委員会が主催しています。戸倉も県議会商工労働委員としてお招きいただきました。
c0104626_1912835.jpg
会場には200社近くがブースを出しており、戸倉も県の担当者の方と一緒に会場を回りました。
c0104626_1923210.jpg

c0104626_193427.jpg

いろんなブースに立ち寄り、いろんな質問をしておりました。気付けば2時間以上、県の担当者の方、昼食時間を犠牲にして付き合っていただき、ありがとうございました。
[PR]

# by tokuratakako | 2015-10-30 15:51 | 活動報告(ちょうさ担当)

10月29日 島田川工業用水道建設の起工式

c0104626_17144856.jpg

周南コンビナートに安定的に水を供給する「島田川工業用水道」の起工式が、下松市の現地で行われました。

c0104626_17154945.jpg
c0104626_18305032.jpg

山口県は全国で一番工業用水を使用していますが、中でも日本有数のコンビナートを有する周南地域では工業用水が慢性的に不足しており、安定的な生産活動が阻害され、国際競争が激化する中でこの水不足は〝アキレス腱〟ともいわれていました。
今回は、光市が所有する中山川ダムの上水道水利権を工業用水に転用、島田川の下林取水場から御屋敷配水池までの約10キロに配管を通し、周南の各工場へ工業用水を供給する工事となります。
総工費は約36億円、平成31年の供給開始予定で、新たに日量1万4100トンが確保されることになります。
c0104626_18382344.jpg

c0104626_18383691.jpg

戸倉は1期目の県議選に挑戦する前、ある労組の委員長から「周南コンビナートに一番必要なものは水。工業用水が安定供給されなければ世界と戦うことができない」と言われていました。
その言葉を重く受け止め、県議になってから議会でたびたび工業用水のことを取り上げていたので、式典では大変感慨深そうでした。
[PR]

# by tokuratakako | 2015-10-29 17:27 | 活動報告(ちょうさ担当)